ヒアルロン酸サプリあれこれ

低分子ヒアルロン酸サプリの効果

妊婦さん
ヒアルロン酸は人間の体内にあるものです。しかし、体内に存在する量が最も多いのは生まれた時です。ヒアルロン酸は加齢とともに減っていくのです。0歳と1歳では1歳の時点で既に減っています。ヒアルロン酸は美容や健康に大きな効果を促すのでできるだけ体内に確保しておきたいものです。しかし自ら作りだすことはできないので外から補うしかありません。サプリメントやドリンク、化粧水などヒアルロン酸を含むものはたくさん市販されています。目的にもよりますが効率的に摂取をするのであればサプリメントの使用が有効であるとされています。

そもそも市販されているものには実は種類があります。1つめは高分子ヒアルロン酸です。これは完全に天然もので豚や鶏、くらげなどの動物から抽出されている完全な天然成分です。しかし、人間のからだは非常に小さな分子で成り立っている高分子ですので体内に吸収しずらくなってしまいます。そこで吸収力を増やすため、人工的に作られているのが低分子ヒアルロン酸です。低分子ヒアルロン酸はドリンクなどにも活用されており、これらの1番のメリットは体内への吸収率が高いことです。高分子タイプとは異なり小さい分子量まで化学的に切って小さくし体内に吸収しやすくしています。

そもそも分子とは原子の集まりのことを指します。例えば水は水素と酸素が結びついてできているものです。水素そ酸素にもそれぞれ原子の量が決まっており、全部を合算すると18という数字が出てきます。ヒアルロン酸は存在する場所や位置によって異なってきますが100万~800万というサイズなのです。水よりももっともっと小さい分子が集まってできているので、外から補う時も低分子化して浸透しやすくする必要があるのです。

このような理由から、利用目的にもよりますが、体内に吸収して体内で効果を表すものは特に低分子タイプであるほうが効果的だとされています。これらの情報は必ず製品のどこかに記載されているので選ぶ際の基準にしてみてください。

ヒアルロン酸サプリとニキビの関係

美容のためにはヒアルロン酸が有効であることはよく知られています。その理由は保水力です。1gのヒアルロン酸があれば6?もの水分を保持できる脅威のパワーを持っているとされ、多くの肌トラブルの原因となる乾燥から肌を守ってくれる成分であるとされています。市販されている基礎化粧品や美容液の多くはその成分を含み、製品独自の保湿力を高めています。しかし、外からだけでなく内側からも保水力を高めるための製品としてサプリメントも多く販売されています。肌トラブルが起こっている状態の皮膚は外側からの浸透力が少なく、また肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を活発的に行わせるためにはホルモンバランスや体内バランスが整っている必要があります。そういった点でサプリメントと基礎化粧品で内外からヒアルロン酸を補給することが効果的です。

ヒアルロン酸は、乾燥や乾燥を原因として数々の肌トラブルを解決してくれる役割を持っています。乾燥している肌はターンオーバーを正常に行うことができず、古い角質が排出されることなく、毛穴が詰まりがちです。そういった事から肌のくすみやざらつき、ニキビの原因になります。

ニキビは肌トラブルの代名詞と言われるほど若い世代から年配の世代まで起こり得るトラブルです。思春期にできるものは皮脂の分泌が過剰におこるため油がつまったものですが、大人では、多くは乾燥やホルモンバランスの崩れ、生活習慣の乱れによって起こります。乾燥すると毛穴が開き、排出する予定だった不要物や毒素が詰まり、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しブツブツとなります。また、乾燥していると紫外線や外の乾燥などから肌を守るために角質が分厚くなり、肌環境が悪くなります。その悪循環がニキビをさらに増やしたり、悪化させたりしてしまいます。

そういったニキビを防ぐ為にもからだの内外からヒアルロン酸を補給しなければなりません。ただしこれは摂取をして翌朝にすぐ効果が出るものではありません。肌は約1ヵ月かけて生まれ変わりを行っており、その周期とあわせて肌の調子が改善します。そういった意味でも長く続けることが重要です。

妊娠中のヒアルロン酸サプリについて

妊娠中のサプリメントの利用はその成分を考慮し、必要であれば主治医に相談のうえ利用すべきです。ただ基本的には問題はないとされています。サプリメントの位置づけは薬ではなく、栄養補助食品です。妊娠中の薬は妊婦や胎児に大きな影響を与えかねるとして知られていますが、栄養補助食品は普段な食事で不足しているという位置づけで利用されています。妊娠中の女性は普段より多くの栄養素が必要です。鉄分や葉酸はもちろんのこと、乾燥や関節の負担を考慮しヒアルロン酸やコエンザイムQ10などを不足しがちな栄養素をサプリメントで補うことは重要であるともされています。

しかしあくまでも妊娠中なので注意しなくてはいけないこともたくさんあります。まず、サプリメントを選ぶ際にかならず商品の注意事項を確認するようにしてください。商品が製造、販売されている過程で、妊婦が利用するにあたって安全性が確認されていない商品や安全でないと認められた商品に関しては、必ず妊婦の使用は控える、もしくは禁止するなどの文言が記載されています。そういった文言が記載されている商品を選ばないようにしましょう。また、妊婦は免疫やホルモンバランスが妊娠前と比べて変化しています。妊娠前に問題なかったサプリメントを利用すると下痢や腹痛等の副作用が起こる可能性もあります。そういった意味でも少しでも異変を感じたら使用を取りやめましょう。

ヒアルロン酸等の美容に特化したサプリメントの利用も同じです。妊婦はホルモンバランスの変化に伴いお肌のバランスも変化し、乾燥が気になる場合も多くあります。多くの製品は妊娠中でも利用できるように作られていますが、中には妊婦の使用に対して安全性が確認されていない場合もあります。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので基本的には利用が問題ないですし、胎児も母親から自分に不必要な栄養素を吸収することはありません。しかし、なるべくであれば余計なものは入れたくないものです。妊婦が飲むために選ぶ場合には、安全性をいつも以上に慎重に考慮し余計なものが含まれていないかどうかきちんと確認しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ